2019.11.16 (SAT) − 24(SUN) 11AM−7PM※最終日は5PM迄

一般 ¥1,000 / 学生 ¥500

kudan house(東京・九段下)

View Google Maps

2019.11.16 (SAT) − 24(SUN)11AM−7PMOpen until 5PM on the last day

Adults ¥1,000 / Student ¥500

kudan house

View Google Maps

No.09
No.09

altag

《altag》は物体に音をタグ付けするシステムです.物理空間の中で,音は動くものとものの接点で発生し,その輪郭を形作るように存在しています.それに対し,《altag》は空間に音をつける,名づける行為を通して,世界の捉え方を音を中心に再設計する試みです.本作品は,私的空間に留まり,漂い続けてきた想いや音,時間の歪みを音で再構成することで空間の中で時間を行き来する体験を創り出します.ヘッドフォンを通して聞こえる音とそこに存在する空間,視覚での実像と聴覚での虚像の関わりをほどき結ぶ実験行為を展示します.

mmm + Kenta Tanaka

mmm + Kenta Tanaka

インタープリター

https://www.signed.site/

mmm|サンマロ
知覚や行動に対する実験的考察・制作から知覚表現の可能性を探求している個、ときどき集団。本展では音楽家Kenta Tanakaと音で空間を設計するaltagを最構築し展示する。

Kenta Tanaka
1993年生まれ、音楽家。都市を主題に音楽/サウンドアートを制作する「都市作曲」や、音楽批評誌『jingle』の出版など、音楽を中心に活動。欧州を拠点としたEPASに在籍し、音と都市空間の関係性に着目した実践に従事。