2019.11.16 (SAT) − 24(SUN) 11AM−7PM※最終日は5PM迄

一般 ¥1,000 / 学生 ¥500

kudan house(東京・九段下)

View Google Maps

2019.11.16 (SAT) − 24(SUN)11AM−7PMOpen until 5PM on the last day

Adults ¥1,000 / Student ¥500

kudan house

View Google Maps

No.12
No.12

4次元ユークリッド空間における3次元球面を2つの座標系で可視化したもの。
球という幾何学形態は、あまりに対称、一様であって取り付く島がないが、4次元空間における球面となると、余計に想像が難しい。任意の点から等距離にある点の集合、という簡単な説明に対して、それを可視化したときに顕れる視覚的な複雑さのギャップは、純粋に驚きであるだけでなく、「美」の生まれるところを示唆するように思われる。
超球面座標系は、3次元球面を通常の球のアナロジーとして捉えたものであるが、ホップ座標系では、より対称的な式で表され、人間的でない雰囲気が感じられるが、この座標系もまた、Heinz Hopf という人間によって見出されたものだ。

平川紀道

アーティスト

http://counteraktiv.com/

1982年生まれ。もっとも原始的なテクノロジーとして計算に注目し、コンピュータプログラミングによる数理的処理そのものや、その結果を用いたインスタレーションを中心に、2005年から作品を発表。2016年に、カブリ数物連携宇宙研究機構、2017年に、チリの標高5000メートルに位置するアルマ望遠鏡での滞在制作を経て、2019年より札幌を拠点。