2019.11.16 (SAT) − 24(SUN) 11AM−7PM※最終日は5PM迄

一般 ¥1,000 / 学生 ¥500

kudan house(東京・九段下)

View Google Maps

2019.11.16 (SAT) − 24(SUN)11AM−7PMOpen until 5PM on the last day

Adults ¥1,000 / Student ¥500

kudan house

View Google Maps

No.15
No.15

echo

ダイアログ・イン・ザ・ダーク檜山晃とライゾマティクスリサーチ、アンリアレイジが感覚に関する対話を通して「echo」をテーマに空間と呼応する服を製作。光を受け取り空間を認識する目とはまた異なる感覚で空間を「みる」体験が待ち受けています。「echo」では服自体が信号を発し、距離を計測することで空間を認知し、その反応が振動として私たち自身に返ってきます。服自体が発信し空間との距離を感じる「echo」を通して、今までに感じたことのない空間の知覚方法を体験、思い巡らす、プロジェクトです。

echo project

ダイアログ・イン・ザ・ダークの檜山晃をプロジェクト・アテンドとし,ライゾマティクスリサーチ,アンリアレイジによる協働から生まれた,信号を発し空間との距離を認識して振動する新しい身体器官を追求するプロジェクト.衣服を中心とした「echo wear」と手のひらに装着する「echo band」を展開する.ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017での展示からスタート.
協力:横浜ランデヴープロジェクト実行委員会,特定非営利活動法人スローレーベル